ネックレスは、つけっぱなし派!?風呂や寝る時は?デメリットは?素材は?

彼氏にプレゼントしてもらったネックレスは、肌身離さずにずーっとつけていたいですよね。

どこへ行くときも、彼氏にもらったネックレスをつけて出かける…いいな~うらやましいですね!

でもそれって、本当に一日中つけっぱなしにするのでしょうか?

お風呂や寝る時もネックレスはつけっぱなしなのかな?

お気に入りのネックレスならお風呂はもちろん、寝る時もずっとつけているという人もいるかもしれません。

だけど、つけっぱなしにすることで実はデメリットがあるようですよ。

今回はネックレスをつけっぱなしにすることについて紹介します。

スポンサーリンク

ネックレスは、つけっぱなし派!?風呂や寝る時は?

世間の皆さまは、ネックレスのつけっぱなしの人が多いのか?

つけっぱなし派と、そうじゃない人の意見をチェックしておきましょう!

ネックレスつけっぱなし派

「とるのが面倒くさい」

「お気に入りだから」

「贈り主にずっとつけていてほしいと言われた」

「アクセサリーは身につけるものだから」

「お守りのようなものにしているから」

「外すと失くしてしまうかもしれないから」

 

つけっぱなし派の人の意見は様々な理由あるようです。

贈り主からずっとつけていてほしいなんて言われたら、仲良しカップルならつけちゃいますよね!

きっと相手もネックレスをつけている様子を見ると、嬉しくなるでしょうから。

けっこう多い意見かなと思うのが「とるのが面倒くさい」です。

ネックレスをつけることが習慣になっているのなら、いちいちつけたり外したりするのはなかなか面倒くさいことかもしれません。

「外すと失くしてしまうかもしれないから」という意見には、私個人的には失くしたくないから外すという意見です。

気づいたらネックレスがなくなっている!なんてとてもショックですからね。

次に外す派の意見もチェックしていきましょう。

 

ネックレスは外す派

「つけっぱなしは不衛生に感じる」

「オンとオフをわけたいから」

「劣化させたくないから」

「肩こりがする」

「お風呂や寝る時だけ外す」

 

外す派で気になる意見としては、「不衛生に感じる」です。

確かに考えてみれば、服はずっと着つづけていると臭くなってきますよね。

ネックレスも肌に直接ふれているだろうし、けっこう汚れていそうです。

あとは「オンとオフをわけたいから」というのは、職業も関係してくるかもしれませんね。

ネックレスがそもそもつけられない職業なら、逆に家でずっとつけているという人もいるかもしれませんね。

 

 

ネックレスは、つけっぱなしできる素材は?ずっとつけているデメリットってあるの?

やっぱりネックレスはずっとつけっぱなしにしたい!という人は、素材を気にしてみてはいかがでしょうか?

今は大丈夫でも、ネックレスをつけつづけるともしかしたら金属アレルギーになってしまう可能性もあるかもしれません。

 

つけっぱなしOKなネックレスの素材は?

①ステンレス

ステンレスは医療用メスにも使われています。

そう聞くと、とても安心できる素材なのだということが分かりますね。

サビ・変色・腐食に強いのでお風呂でも、海水浴でもつけっぱなしでOKです!

ネックレスのチェーンが変色してしまって、恥ずかしい気持ちになったことはありませんか?

ステンレスなら変色もしにくいのでそんな悩みもなくなります。

 

②チタン

チタンもステンレスのように、サビ・変色・腐食に強い素材です。

そのうえ、チタンは軽いという嬉しい特徴もあります。

肩こりが気になる人に、おすすめのネックレスの素材です。

 

つけっぱなしにしていると起こるデメリットは?

一番のデメリットは、金属アレルギーになってしまう可能性です。

金属アレルギーを起こしやすい物質は、

銅、亜鉛、水銀、スズ、ニッケル、コバルト、クロムなどです。

金属アレルギーになると、肌が赤く腫れたり、ただれたりします。

ネックレスをつけたままで、汗をかいたりするとかゆみが出る人は金属アレルギーをおこしているかもしれないので注意してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ネックレスをつけっぱなしにする派や、つけっぱなしにすることでおこるデメリットについて紹介しました。

お気に入りのネックレスだったり、またおしゃれのためにネックレスをつけっぱなしにしている人は金属アレルギーにはご注意を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました